mboxCreate(mbox,params)

リクエストを実行し、mboxDefault クラス名を持つ最も近い DIV にオファーを適用します。

この関数は、mbox.js から at.js への移行の多くを簡単にするために、at.js に組み込まれています。新しく mboxCreate() に代わるものは、adobe.target.getOffer()/adobe.target.applyOffer() または Angular ディレクティブです。

<div class="mboxDefault">
  default content to replace by offer
</div>
<script>
  mboxCreate('mboxName','mboxName','param1=value1','param2=value2');
</script>

メモ

mboxCreate() は、「標準」エンドポイントではなく「json」エンドポイントを使用し、非同期で実行されます。理由は以下のとおりです。

  • デバッグ が少し異なる。
  • オファーコードが同期を必要としたり、呼び出しをブロックするのを避ける。

    例えば、サイトコードまたは後でページに表示される他の mbox によって使用される JavaScript 変数を設定するオファー。

  • mboxCreate() を呼び出す前に <div class="mboxDefault"></div> があることを確認してください(at.js が追加しないので)。
  • 空の、ページの先頭にある mboxCreate() 関数は、グローバル mbox としてお勧めしません。

    at.js で自動作成されたグローバル mbox は、<head> から実行され、より早くコンテンツを返すことができるので、より優れたオプションです。