HTML5 ビューアについて

次の表では、HTML5 ビューアの多様な機能の一部について説明します。

追加の HTML5 ビューアが現在開発中で、今後利用できるようになります。

HTML5 ビューアの機能

説明

ビューアの埋め込み

フライアウト以外の全てのビューアが、埋め込みモードとポップアップモードの両方で使用できます。フライアウトは埋め込みモードのみをサポートする唯一のビューアです。埋め込みの手順はシンプルで、様々なビューアで一貫しています。

Adobe Analytics のサポート

Adobe Analytics の追跡機能がサポートされ、すぐに使用できます。

CSS 構造

ビューアの CSS では、すべてのスタイル宣言で新しい上位の CSS クラス名が使用されます。

CSS 内での画面のタイプの検出(メディアクエリ)

初期設定のビューアの CSS には、デスクトップ、標準画面のタブレット/電話、および高密度画面のタブレット/携帯の 3 つのブロックがあります。

パラメーター名の構文

パラメーターは、コンポーネントのクラス名か、動的なインスタンス名のどちらかのプレフィックスが付けられます。

ユーザーインターフェイス

新しい一貫したユーザーインターフェイスのデザインが実装されます。

API

API が提供され、様々なビューアタイプで一貫しています。

ローカリゼーション

API で、ローカリゼーションおよびビューアに固有のローカライズ可能な文字列のリストがサポートされています。

HTML5 ビューアの操作

HTML5 ビューアは、他のモバイルアプリケーションで一般的なシングルタッチとマルチタッチのジェスチャに対応しています。

ジェスチャ

説明

シングルタップ

アクティブなユーザインターフェイス要素(ボタンなど)の上以外で発生した場合、すべてのユーザインターフェイスがフェードアウトし、メインビューだけが表示されます。もう 1 回シングルタップすると、ユーザーインターフェイスが再び表示されます。

モバイル混在メディアビューアでビデオアセットを 1 回タップすると、ビデオの再生が開始されます。フライアウトビューアでは、1 回タップすると、フライアウトビューがアクティブになるか、プライマリズームレベルとセカンダリズームレベルの間で切り替わります。

ダブルタップ

設定されているズームの限界値まで、段階的にズームします。もう 1 回ダブルタップするとビューがリセットされます。

ピンチアウト

メインビューが、設定されている限度までズームインします。

ピンチイン

メインビューが、リセット状態までズームアウトします。

水平方向のスワイプまたはフリック

ズームビューアでは、メインビューの現在の画像を変更したり、スウォッチバーのスウォッチリストをスクロールしたりします。スピンビューアでは、スピンセット全体を水平方向に回転します。

垂直方向のスワイプ

スピンビューアでは、複数次元のスピンセットが使用されている場合に垂直方向の視野角が変化します。

デバイス回転

コンテンツに合わせてビューアが調整されます。