リアルタイム

リアルタイムレポートは、Web ページトラフィックをリアルタイムで表示し、ページビュー数をランク付けします。これにより、サイトのトレンドをよりすばやく把握できるようになります。

リアルタイムレポートでは、高頻度の指標とサイト分析を使用して、ダイナミックなニュース Web サイトや小売 Web サイトのトラフィックおよびページビューのトレンドを視覚的にレポートします。リアルタイム機能では、刻一刻と変わるトレンドを秒単位で把握できます。コンテンツおよび一部のコンバージョンのリアルタイムなクロス集計と追跡を使用して、データを収集しインターフェイスへと流し込みます。

A4T 設定によるデータ遅延

Adobe Target で A4T 統合を有効にすると、Adobe Analytics で 5~10 分の待ち時間が追加で発生します。この追加の待ち時間は、Analytics と Target からのデータを同じヒットに格納することによって、ページおよびサイトセクションによってテストを分類できるようにするためのものです。

この追加の待ち時間は、ライブストリームやリアルタイムレポートなどのすべての Adobe Analytics サービスおよびツールで発生します。追加の待ち時間が発生する対象となるヒットは次のとおりです。

  • ライブストリーム、リアルタイムのレポートと API リクエスト、トラフィック変数の現在のデータでは、追加のデータ ID が設定されたヒットのみが遅延します。

  • コンバージョン指標の現在のデータ、ファイナライズされたデータ、データフィードでは、すべてのヒットが追加で 5 ~ 7 分遅延します。

この統合を完全に実装していなくても、Marketing Cloud Visitor ID サービスを導入すると追加の待ち時間が発生することに注意してください。