パス

パスは、ユーザーがサイト内を移動する遷移です。例えば、ある訪問者はページ A にアクセスし、次にページ B にアクセスし、その後ページ C にアクセスしました。

値が収集される順序がわかっている場合は、それらの値を収集する変数のパスを有効にする必要があります。デフォルトでは、パスはページレベルで有効になっています。カスタムトラフィック変数(prop)のパスは、特定の場合にのみ当てはまるので、デフォルトで無効になっています。prop のパスを有効にする場合は、カスタマーケアにお問い合わせください。

注意:ad hoc analysis では、prop の分類を有効にすると、有効な prop に設定されているすべての分類でパス指標を利用できるようになります。