平均ページの深さ

平均して訪問のどの深さで各値が発生したかを表示します。この指標は、特定のページまたは prop 値で、訪問したオーディエンスがどの深さまで到達するかを知るのに役立ちます。平均ページの深さは、パスが有効などの変数でも使用できます。

例えば、ある訪問に「ページ A/ページ B/ページ C/ページ D/ページ E/ページ F」というパスが含まれている場合、深さはページの位置を表すインデックスとなります。例えば、「ページ A」は深さ 0、「ページ F」は深さ 5 となります。すべての訪問をまとめて、平均が算出されます。ページの深さが 1 未満(0.9 など)の場合も、対象ページの前に訪問されたすべてのページの平均値ということになります。

ページの深さは、指定のページが一般的に訪問者のパスのどの位置にあたるかを把握するのに役立ちます。このパス内の前のページや次のページが何であるかは関係ありません。したがって、サイト上の訪問者のエクスペリエンス全体に対してページがどのように適合するかを調べることができます。この表示には、ページレポートが最適です。

使用 説明
トラフィック

ページイベントと表示したページ数を訪問回数で割った計算で、ページの平均クリック数を示します。同じ訪問パスについて考えてみます。

A/B/B/C/D/B

クリック数は、「繰り返しインスタンスのカウント」オプションが有効になっている場合のリロードなど、各ページのページイベントごとに計算されます(「繰り返しインスタンスのカウント」オプションは、ad hoc analysis ではデフォルトで有効になり、Reports and Analytics では常に有効です)。この訪問では、ページ A がクリック数 0 を受け取ります。ページ B の場合、クリック数は 1、2、および 5 となります。平均値は [(1+2+5) / 3] によって計算され、ページ B の平均ページの深さは 2.67 になります。

「繰り返しインスタンスのカウント」オプションが無効になっている場合、ページ B は 1 と 4 を受け取ります。2 番目はカウントされません。計算は [(1+4) / 2 = 2.5] です。

コンバージョン 該当なし