ヒット

ユーザーが Web サイト上のリソースをリクエストしたときに生成される、アドビのサーバーへの単一のイメージリクエストです。リクエストの結果、エラーが発生するか、任意のデータタイプの送信が成功します。各追跡と追跡リンクの呼び出しにより、ヒットが生成されます。

ヒットおよび訪問者データについて

ユーザーが最初にサイトを訪問すると、アドビのサーバーは 訪問者 ID の値を含む cookie をユーザーのコンピューターに置きます。ユーザーがイメージリクエストをアドビのサーバーに送信するたびに、この訪問者 ID の値がアドビに渡されます。この値はいずれのヒットおよび訪問でも不変であるため(ユーザーが cookie をクリアしない限り)、同じ訪問者 ID の値を持つ一連のヒットは単一の訪問者からのものと判断されます。

Analytics は、各ユーザーのヒットで記録されるタイムスタンプを使用して、ユーザーが最初のイメージリクエストを行った時間、およびサイトでの無操作状態が 30 分に達して訪問が停止される時間を特定します。このプロセスにより、アドビのサーバーは、単一の訪問者 ID の値で行われた訪問回数を特定できます。また各ヒットのタイムスタンプにより、レポートで訪問内のそれぞれのヒットをシーケンス化して、レポート内のデータのパスを作成できます。