データ保持の FAQ

Adobe Analytics のデータ保持ポリシーに関する、よくある質問とその回答を紹介します。

背景

2018 年 5 月 26 日より適用される欧州連合の一般データ保護規則(GDPR)では、アドビはお客様のデータプロセッサーとして、お客様がアクセス、削除などに関する個人からの要求に対応する際に、お客様を支援できるよう適切な措置を講じなければならないと定められています。この義務を履行するうえでは、適切かつ安全で迅速な削除をおこなうポリシーを適用することが重要です。

GDPR は、EU 市民に販売する、または EU 市民の情報を処理するすべてのお客様に適用されます。したがって、GDPR は、世界的な規制の変更です。

そのため、アドビではお客様とともに、GDPR が発効する 2018 年 5 月 25 日までにデータ保持ポリシーを策定したいと考えています。

今後、アドビは、他の取り決めがある場合を除き、現在 Adobe Analytics の顧客契約に規定されているデータ保持ポリシーの適用を開始します。ほとんどの Adobe Analytics 顧客契約には、アドビは 25 ヶ月後にデータを削除する可能性があると記載されています。

Analytics データ保持 - よくある質問(FAQ)

質問 回答

自社のデータ保持を設定すると、会社にどのようなメリットがありますか?

データ保持期間を設定することは、お客様、アドビの顧客およびデータ管理者にとって役立ち、サービスを実施するために必要な限りにおいてのみデータを保持するよう企業に求める世界各国(特に、欧州、一部のラテンアメリカの国々、ほとんどのアジア太平洋地域の国々)の規制要件に備えることになります。

最も一般的な契約済みデータ保持期間はどれくらいですか?

ほとんどの契約では、デフォルトで、アドビは、25 ヶ月を経過した後、データを削除する権利を有すると明記されています。このデータ保持ポリシーが実施されると、アドビは、データのタイムスタンプに基づいて、25 ヶ月を経過した Adobe Analytics データを削除します。

自社のデータ保持について、どのようにして決めればよいでしょうか?

会社は、データ管理者として、データ保持に関して決定権を持つ組織内の関係者(マーケティング、分析およびプライバシーチームなど)を特定する必要があります。Adobe Analytics データの適切な保持期間は、お客様の組織で検討するのが最善です。

データ保持に登録するにはどうすればよいでしょうか?

データ保持を設定したり、オプションについて知るには、カスタマーサクセスマネージャーにお問い合わせください。

データ保持時間枠とは何ですか?

データ保持ポリシーは、完全なデータを表示およびレポートできる、周期的なデータ保持時間枠を定義します。データ保持時間枠は、次のように決定されます。

開始日 = 現在の日付 - データ保持期間

終了日 = 現在の日付

データのタイムスタンプが開始日と終了日の間である場合、データはデータ保持時間枠に含まれます。タイムスタンプは、データによって表される処理の日付として定義され、アドビがデータ受け取った日付と一致することもしないこともあります。

25 ヶ月より前にデータの削除をリクエストすることは可能ですか?

はい。ただし、合意した特定の条件を定義するために契約を更新する必要があります。

会社は、25 ヶ月を超えて保持設定を延長することはできますか?

2018 年 5 月 25 日より前は、顧客は無料で最大 1 年間の追加のデータ保持(合計 37 ヶ月のデータ保持)を受ける資格があります。Adobe Analytics のお客様であれば、追加料金なしで 37 ヶ月の周期的なデータ保持期間を保持します。

延長を購入することで、37 ヶ月を超えてデータ保持を延長できます。

2018 年 5 月 25 日以降は、保持期間は、延長を購入することで、25 ヶ月を超えて 1 年単位で延長できます。

削除する前にデータのコピーをリクエストすることはできますか?

はい。リクエストされた場合、アドビは、Data Warehouse に格納されている、生のヒットレベルデータの履歴データダンプを提供します。このデータの提供方法は、データサイズに応じて異なります。費用は状況により異なる可能性があります。

自社のデータのコピーをリクエストするには、どうすればよいでしょうか?

カスタマーケアに連絡し、エクスポートするデータに関する以下の情報を提供します。

  1. レポートスイート名
  2. 日付範囲
  3. フィード間隔(時間単位/日単位)
  4. 列プリセット(すべてのコラム/選択されたコラム)
  5. 宛先サーバーの詳細(S3/FTP/SFTP/Azure)
  6. 宛先サーバーの詳細(S3/FTP/SFTP/Azure)
  7. ファイル名の変更/暗号化などの必要なカスタマイズ
  8. エスケープ文字 [CR/LF/Tab] を削除 - (True/False)

上記の情報を提供すると、アドビの担当者がデータをエクスポートするための費用をお知らせします。

アドビが当社のデータの削除を開始するのはいつですか?

データ削除のスケジュールについては、カスタマーサクセスマネージャーに問い合わせてください。お客様がいったんカスタマーケアに連絡し、データ保持に登録すると、データは月周期で削除されます。

どのような頻度でデータが削除されますか?

データ保持が適用されたら、データは毎月すぐに削除されます。

決定プロセスが予想以上に時間がかかっている場合、どうすればよいでしょうか?

カスタマーケアに連絡し、ポリシーを保留します。これで、決定を最終処理するのにさらに時間が必要であることを Adobe Analytics に知らせます。