分類

レポート対象に重要なセグメントがあるとき、そのセグメントについて理解を深め、その他のレポートとの関連を掘り下げて調べたい場合があります。これは、別のレポートによる レポートの細分 とも呼ばれます。分類は、2 つ以上の Analytics 変数を統合する操作です。

分類レポートの例としては、調査から訪問者の年齢を収集した「年齢層」という名前のカスタムトラフィックレポートの分類が挙げられます。このレポートでは、サイトトラフィックの最大部分を占めているのはどの年齢層かを見ることができます。ただし、訪問者の年齢まで取り込んだのであれば、ページビューだけでなくより掘り下げたくなるでしょう。そのために、訪問者がどの検索エンジンを使用したか、どのキーワードを使用したか、地理的場所などに関する分類レポートを生成できます。年齢層と検索エンジンの相関関係を設定します。

デフォルトでは、最初に Analytics を導入する際には分類は存在しません。