配分

コンバージョン変数(eVar)を使用することで、Adobe Analytics は成功イベントを具体的な変数値と紐づけることができます。成功イベントが発生するまでに変数が変化することがあります。その場合、どの変数値にイベントのクレジットが付与されるかは、配分の設定によって決まります。

Ad Hoc Analysis での配分

Ad Hoc Analysis には、コンバージョン変数の様々な配分(デフォルト、最後、線形)をレポートする独自の機能があります。Ad Hoc Analysis を主要レポートツールとして使用する場合は、すべてのコンバージョン変数の配分設定を「最初」にすると、使用可能なすべての配分値を取得できます。

Data Warehouse での配分

Data Warehouse では、Reports & Analytics と同じ配分設定を使用します。