最適なアトリビューション

最適なアトリビューションは、機械学習によってコンバージョンにつながる様々なチャネルにアトリビューション値を割り当てる機能です。Data Workbench では、自動的にチャネルごとにある期間全体での成功への貢献度を評価し、その後、顧客の実際のインタラクションパターンに基づいてアトリビューションモデルを構築します。

最適なアトリビューションを使用すると、 成功した販売や電子メールのサインアップなどの業績評価指標に貢献したインタラクションまたはタッチを比較することができます。アトリビューション分析では、自動的に最も重要なタッチに重みを割り当て、データに基づいて、市場や内部プロトコルに対応したアトリビューションモデルをチャネルごとに提供します。



例えば、顧客がオーガニック検索を通じてサイトを訪れ、キャンペーンに参加し、電子メールにサインアップした場合、ルールに基づくアトリビューションでは、最初のタッチまたは最後のタッチを特定するか、または事前設定されたアトリビューションモデルを使用してすべてのタッチポイントに均等に成功アトリビューションを分配します。ルールに基づくアトリビューションはユーザーが定義しますが、最適なアトリビューションでは、アルゴリズムを使用して、監視対象のタッチポイントに応じてコンバージョンの確率を計算することで値を設定します。

注意:Data Workbench の最適なアトリビューションを実行するには、Adobe Analytics Premium をサポートするようにサーバーの証明書(.pem ファイル)を更新する必要があります。また、クライアントのカスタム Profile.cfgPremium を追加し、サーバーとレポートサーバー用の新しい証明書を Adobe ClientCare から受け取る必要があります。Data Workbench 6.3 のアップグレード手順を参照してください。

基本的な設定

詳しい手順については、 最適なアトリビューションの作成を参照してください。

成功指標の設定

成功イベントを表す指標を定義します。



成功指標は Orders(購入回数)であることが多いですが、Data Workbench で成功ウィンドウを使用して、非常に複雑な成功指標を定義できます。

タッチ指標の設定

コンバージョンの成功につながった追跡対象のインタラクションを特定し、アトリビューションを計算するためのタッチ指標を設定します。

注意:タッチ指標の設定は、ディメンション要素をビジュアライゼーション上にドラッグして、成功指標を自動的に作成しようとする場合にのみ必要です。

キャンペーンまたはチャネルに対して指標が定義されていないが、チャネルを表すディメンションがある場合、最適なアトリビューションはタッチ指標に基づいて成功指標を自動的に作成します。

例えば、タッチ指標をヒット数に設定し、メディアタイプというディメンションのエレメントに電子メールプレスリリース印刷広告およびソーシャルメディアが含まれている場合、エレメントをビジュアライゼーションにドラッグ&ドロップすると、Hits where Media Type = Email という形式のチャネル指標が生成されます。



その後、タッチ指標により、アトリビューションスコアの割り当てが決定され、成功に貢献すると考えられるマーケティングインタラクションが特定されて、成功ウィンドウで特定された母集団にマーケティングタッチを限定することができます。ページビュー数ヒット数などの指標を設定することや、ニーズに合わせてカスタマイズされたタッチ指標を使用することができます。

多くの場合、販売サイクルの長期のリードタイムを評価するために、タッチウィンドウに成功ウィンドウを含める必要があります。

売上高指標を設定します。

(オプション)適切な売上高指標を設定して、複数のタッチポイントにわたる売上高を特定します。売上高指標を指定することもできます。指定した場合、モデルには入力チャネル間の売上高の配分が表示されます。


通貨データ型を使用した売上高指標を設定して、定義および分析された上位のすべてのタッチポイントに成功を割り当てることができます。この指標により、最終的な売上高が分類され、アルゴリズムによって割り当てられた重みに基づいて割り当てが行われます。

成功ウィンドウとタッチウィンドウの設定

成功ウィンドウは、調査する母集団とイベントが成功するまでの期間を定義します。ワークスペースの選択を通じて、分析で考慮する母集団の時間ウィンドウと幅を示すことができます。成功ウィンドウは、成功イベントを分析するための期間と母集団を定義します。タッチウィンドウは、成功イベントにつながるチャネルインタラクションを分析する期間を指定します。

注意:タッチ指標の設定は、ディメンション要素をビジュアライゼーション上にドラッグして、成功指標を自動的に作成しようとする場合にのみ必要です。

日、月、年などの利用可能な任意の期間を設定して、販売サイクル全体またはサイトを訪れた特定のオーディエンスの成功イベントとタッチイベントの評価を制限することができます。アトリビューションを制限するウィンドウを作成すると、分析対象を特定のニーズに関連する期間に絞り込むことができます。



多くの場合、販売ウィンドウに基づいて分析を長期のリードタイムに拡張できるようにするために、タッチウィンドウに成功ウィンドウを含める必要があります。また、成功イベントとは別にタッチを追跡および分析することもできます。

チャネルの選択

チャネル入力を表す指標またはディメンションエレメントを(タッチ指標と共に)指定することができます。実際のデータに基づいて、貢献度の最も高いチャネルが特定され、コンバージョン全体で重要なタッチポイントがランク付けされます。

多くの場合、特定のチャネルを定義するディメンションのエレメント別に上位のタッチポイントを分類する必要があります。最適なアトリビューションでは、エレメントの値に基づいて、自動的に上位のタッチポイントを選択し、割合に応じてランク付けして、グラフのビジュアライゼーションに表示します。



アトリビューションモデルは、成功ウィンドウの間に何らかのアクションを起こした訪問者を利用し、タッチウィンドウの間のチャネルのタッチでイベントが成功したかどうかを調べることで作成されます。