シーケンスフィルター

シーケンスフィルターを使用すると、訪問や訪問者のセグメント化を、イベント/ヒットのシーケンスに基づいて行うことや、ディメンション制約を使用して行うことができます。

イベント/ヒットのシーケンス

3 つの設定に基づいて順次セグメントをフィルタリングできます。この機能は、Ad Hoc Analysis では使用できません。



全員を含む

「全員を含む」が設定されているセグメントを作成すると、そのセグメントでは指定されたパターン全体と一致するパスを識別します。これは、同じ訪問者が訪問したときのヒット(ページ A)に続くヒット(ページ B)を探す基本的なシーケンスセグメントの例です。セグメントを「全員を含む」に設定します。



一致する場合
  • A -> B
  • A ->(次回の訪問で)B
  • A -> D -> B
一致しない場合 B -> A

シーケンスの後のみ

シーケンスタイプを(「全員を含む」ではなく)「シーケンスの後のみ」に設定できます。設定したセグメントでは、パターンと一致し始めたパス内の個々のエレメントだけでなく、パターンと一致しなくなったときも識別することができます。このヒット(訪問者はページ A を訪問した後、ページ B を訪問し、その後ページ C を訪問しました)までのヒットの例を示します。



注意:このセグメントには、シーケンス自体のヒットが含まれます。

A -> B などのパターンは、このパターンと一致しません。しかし、A -> B -> C はこのパターンと一致するので、最初に含まれるヒットになります。また、定義されたシーケンスで始まる他のどのシーケンスとも一致します。

一致する場合
  • A -> B -> C
  • A -> B -> C -> D
  • A -> B -> C -> D -> E -> F
  • A -> X -> B -> Y -> C -> Z -> D -> E -> F
一致しない場合
  • A
  • A -> B
  • A -> B -> D

シーケンスの前のみ

「シーケンスの前のみ」機能は、「シーケンスの後のみ」と同じ形式ですが、定義されたシーケンスの後に発生したヒットを調べるのではなく、シーケンスの前に発生したヒットを調べます。このヒット(訪問者はページ A を訪問した後、ページ B を訪問し、その後ページ C を訪問しました)から始まるヒットの例を示します。



注意:このセグメントには、シーケンス自体のヒットが含まれます。
一致する場合
  • A -> B -> C
  • D -> A -> B -> C
  • D -> E -> F -> A -> B -> C
  • Z -> D -> E -> F -> A -> X -> B -> Y -> C
一致しない場合
  • A
  • A -> B
  • D -> A -> B

ディメンション制約

「within」句の「THEN」ステートメントの間に、たとえば「within 1 search keyword instance(1 個の検索キーワードのインスタンス内)」や「within 1 eVar 47 instance(1 個の eVar 47 インスタンス内)」というように追加できます。これにより、ディメンションの 1 個のインスタンス内にセグメントが制限されます。

ルールの間に「Within ディメンション」句を設定したセグメントでは、その句を満たすシーケンスにデータを制限できます。制約が「Within 1 page(1 ページ内)」に設定されている以下の例を参照してください。



一致する場合
  • A -> B
一致しない場合
  • A -> C -> B(B は A の 1 ページ内ではなかったので)
注意:このディメンション制約を取り除くと、「A -> B」と「A -> C -> B」の両方が一致します。