歴史と背景

Audience Manager は 2008 年に Demdex として始まりました。2011 年に Adobe Systems(アドビ システムズ社)に買収された後、Audience Manager というブランドに変更されました。

歴史

2008 年以降、Audience Manager(以前の Demdex)は、オンラインオーディエンス管理市場のパイオニアであり続けています。Audience Manager サービスは、動的なマルチチャネルのオンラインデータ戦略を強化します。アドビのプラットフォームおよびサービスは、自動車(AutoTrader)から航空会社(American Airlines)や金融サービス企業(American Express)まで、数多くの多様な産業で利用されています。Audience Management は、企業レベルのテクノロジーを使用し、オンラインビジネスを成功に導くための尺度、信頼性、分析、パフォーマンスを提供します。Audience Management は Adobe Experience Cloud に統合され、より多くのデジタルアドレス可能なチャネルからデータ資産を一元管理し、対策を講じることができます。

Audience Manager とそのデータ管理プラットフォーム(DMP)

Audience Manager はデータパイプラインの管理に役立ちます。アドビのサービスは一般的なユーザーと生データのシグナルを、マルチチャネルマーケティングで使用される実際のオーディエンスのセグメントに変換します。また、Audience Manager はタグ管理とオーディエンスアナリティクスのツールを提供し、同時にクライアントとコンシューマーのプライバシーとデータセキュリティのニーズに応えます。